子供を作る目的以外の場合は、基本的に様々なリスクが考えられるため避妊はすべきです。もしもの時のためにお手元にピルを置いておくといざという時にいいかもしれません。

ピルの避妊率

年間を通じて、何かしらの特定の避妊法を行ったものの妊娠してしまう確率というのが、失敗率と言われるものです。
そんな男性任せのコンドームの失敗率としては、3%から14%程の数字が出ています。
数字を見て感じることとしては、幅の大きな数値ということでしょう。それは、各自の装着の問題になってきます。
コンドームを正しく装着することで、数値は3%になります。しかしコンドームを正しく装着していなければ、数値は14%になるということです。
正しい装着ができていなければ、男性のコンドームの失敗率は高いと言えます。
男性の出来人であるコンドームの付け方が、その人が下手であればですが、割合としては7年に1回のペースで女性は妊娠させることになります。
数値は確率であるために、男性がコンドームを付けていたとしても、妊娠しやすい人はいます。
日本ではコンドーム中心の避妊法が、まだまだ多くある国です。そのために、予想外の望まない妊娠は、かなりの数があります。
女性が自分を守ることができるピルは、パーフェクトとは言えません。
しかし忘れずに毎日飲むことで、避妊率の割合での失敗率は、約1%以下になります。
男性のコンドーム装着よりも、格段に失敗率の低さがあります。これを意外と感じるのであれば、コンドーム神話なのかもしれません。
女性側が服用をするピルは実は、避妊具としての効果として、低くはないものなのです。
既に世界でも多くの人に使用されてきて、その安全性と効果をアップさせてきたピルの方が、圧倒的に避妊できる効果は高いということです。
ピルを処方してもらうためには、ドラッグストアではなく、産婦人科などでの検診を受ける必要があります。
初めてであれば尚の事、ネット通販などでは入手をしないで、病院へ行って検診を受けて処方をしてもらうことです。
初期には副作用も感じやすいですし、飲み方や説明もドクターから説明を受けることです。

ピルと他の避妊法の組み合わせ

ピルを飲んでいればそれだけで避妊は漢壁というわけではなく、それ以外の方法も併用すればさらに妊娠のリスクを低下させることが出来ます。
もちろん、ピルだけで高い避妊率をほこりますからこれだけでも十分な効果はありますが、妊娠は万が一にもしては困るものであるため他の方法も合わせればより安心ということになるのです。
まず、避妊の最も基本的な方法のコンドームですがこれを併用する利点というのは大きなものがあります。
ピルの時点で高い避妊率があるのに加えて、コンドームもつければほぼ確実に妊娠を防ぐことが出来るといえます。
そして、妊娠に対するリスクを最小限に減らすことが出来るというだけでなく、性病の予防にも繋がるという利点があります。
ピルでは妊娠を防ぐことができても、性病を防ぐことは出来ませんがコンドームを使っていれば性病のリスクを最小限に留めることが出来ますから、より安全な性行為をすることが出来ます。
膣外射精といった方法もこれ単体では全くの意味がありませんが、ピルを服用しているのであればその時点でほぼ避妊は十分なわけですが、それに加えて膣内に射精をしないという年を押すことによって妊娠の可能性を低くするということが出来ます。
単体では信頼のできない方法であっても、すでにピルという安心できる方法を用いていることからそこから少しでも妊娠する可能性を低下させることができる膣外射精はなにもしないよりはずっとマシということになるのです。
避妊には絶対という方法がないので、いくつかの組み合わせを用いることが望まない妊娠を避ける上では効果的であり、妊娠を避ける以外にも性病予防に繋がるといったメリットのある方法もあるのでよく理解しておきましょう。

ピルで防げないものは

ピルで防ぐことが出来ないのは、まず妊娠の可能性です。
ピルといえども絶対的なものではなく、ほぼ100パーセントに近い確率で避妊をすることが出来ると行っても100パーセントではありません。
99.9パーセントの確率であっても妊娠をする可能性があるということは、服用をする場合しっかりと理解しておく必要があります。
そして、実際には飲み忘れであったり効果が出る時期を勘違いしていて、避妊効果があらわれる前に性行為をしてしまうということもあるので現実的にもっと高い確率で妊娠をする可能性があるということを覚えておきましょう。
しかし、基本的には服用法さえ間違っていなければ最も避妊率が高い方法の一つであることは間違いなく、ピルを使って万が一の妊娠の可能性を恐れるのであれば残るは正行為自体を避けるしかありません。
そのため、避妊のことで考えるのであればピルを使っていればほぼ安心といえるので過度の心配はいりません。
気をつけるべきなのは、性感染症についてのことでありピルでは性感染症は防ぐことが出来ませんから、こちらは注意をしておく必要があります。
妊娠をしないとなると、コンドームを着けずに性行為をしてしまいがちですが、不特定多数の相手とそのようなことをすれば性感染症にかかってしまう危険性というのは非常に高くなってしまいます。
コンドームは避妊だけでなく、性感染症の予防にも効果のあるものですからピルでは性感染症を防ぐことが出来ないということをよく理解して、信頼出来ない相手と性行為をするのであれば、コンドームを必ず使用するようにしましょう。
性行為のリスクというのは妊娠だけでなく、性感染症もあることを忘れてはなりません。
■トリキュラーはピルです
トリキュラー 通販